風俗おしごとコラム

これはアウトォ!風俗の面接時に着てはいけない服装

せっかく面接に行ったのに採用されなかった・・・。
一体私の何がいけないのっ!?

穴の開いたスウェットに黄ばんだTシャツ、履き潰したシューズと使い古したバッグ・・・まさかこんな格好で面接に行ったわけではないですよね。
さすがにそこまでヤバイ格好はしていなくても、「普段着で良い」という言葉を鵜呑みにしてザ☆カジュアルな服装や完全にオフな格好をしていませんでしたか?

例えばあなたが、とあるバイトの面接官になったと想像してみてください。

面接に来た人が上下ジャージ・・・。はたまたサンダルを履いて来たり、ヨレヨレだったり毛玉だらけの服を着て来たり・・・。どう感じますか?採用したくなるでしょうか?
笑顔で明るく礼儀正しい人だったとしても、服装が残念なら印象も台無し。
それは風俗業界でも同じなのです。

風俗の面接で採用されやすい服装

でも風俗の面接だからといっても、実は露出度の高い服装などあまり派手な格好は逆効果だったりします。普段から風俗嬢の女の子を見慣れている面接官は、ワンピースやスカートなど清潔感のある女性的な服装の方が効果的。靴はスニーカーよりヒールやパンプスなどの方が好印象です。「キレイにしているな~」「キチンとしたしっかりした人だな~」という印象を持ってもらいやすいですよ。

もちろん可愛い系やキレイ系など『お店の色』というものがあるので、実際にお店のサイトを見て自身のタイプに合うか確認することも大切。少しの油断が「残念な人」という烙印を押される要因になりかねません。事前にチェックし万全の状態で、あなた自身の魅力をアピールしましょう!

 

服装の他にも、髪型やメイクなどについても気になりますよね。とりあえず…盛っとく?いやいや、ナチュラルが一番?せっかくの服装もメイクや髪型で台無しにしてしまうかもしれません。面接に挑む前に、おすすめスタイルもぜひ参考にしてください。

 

風俗おしごとコラムへ戻る

こちらのコラムもチェック!