風俗おしごとコラム

手コキの正しいやりかたと大切な3つの条件

手コキの正しいやりかたと必要な条件を知りましょう

手コキという言葉を初めて耳にされる方に向けて簡単に説明させていただきますが、手コキとは男性器を手でしごき射精へと導く行為のことです。「手」で「扱(こ)く」から「手コキ」となりました。そんな手コキの正しいやりかたについてですが、おそらく多くの人は「握ってシコシコとピストン運動すればいい」と思っていませんか?

たしかに簡単に言ってしまえばその通りです。ただそれが正しいやりかたかと言えば違います。人それぞれ性感帯は違う上に、オナニー(自慰行為)をするときの力加減や手を動かすスピード、視覚重視なのか?刺激重視なのか?などバラバラなので、これが正解という答えはありません。

ただ注意すべき点や、ちょっとした知識を得るだけで驚くほどの成果を得られます。たかが手コキ、されど手コキ、手コキを制するものは男性器を制する。今回はそんな手コキについての正しいやりかたと、3つの大切な条件についてまとめました。現在風俗店で働いている方はもちろんのこと、一般女性や学生さんも男性を喜ばせるテクニックの1つとして是非ご覧ください。

手コキに大切な3つの条件とは

手コキに必要なテクニックは沢山あります。ネットで検索すればイラスト付きのわかりやすい記事が色々と出てきます。ただ大切な3つの条件をまとめているのはここだけです。さらに今回は条件の1つ1つに女性側の気持ちや、ないとどうなるかなどの説明を加え、より分かりやすくお伝えしていきます。これで今日からあなたも手コキの職人!そう手コ職人の仲間入りです。(笑)

1.相手を知る

皆様はこの言葉をご存知ですか?

「彼を知り己を知れば百戦殆からず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し(相手と自分のことを理解していれば、百回戦っても負けることはない。相手を知らないで自分のことだけを知っているのでは、勝ったり負けたりして勝負がつかず、相手のことも自分のことも知らなければ必ず負ける)」

これは孫子の兵法の一節です。この文では勝ち負けで書いてますが、手コキの道で言うならば喜ばせられるかどうかとなります。

はじめに書いたように男性が気持ちいいと思う部分は人によって違い、代表的な部位には裏筋・亀頭・カリなどがあり、引き立て役に睾丸などがあります。これは実際に刺激しながら反応を見るか、相手にどこが好きかを直接聞くのもムード作りの演出としては効果絶大でしょう。

さらに男性は定期的にオナニーをするのですが、そのオナニー時の性器を握る力加減やピストン運動の速さなどにも好みがあり、それぞれのこだわりがあります。女性がよく男性からの愛撫について「AVの見すぎで、激しくすれば気持ちいいと勘違いしてるやつが多い」などという愚痴を聞いたことがありますが、男性も同じのようです。

このこだわりを知らなければ萎えてしまったり、痛みを感じさせてしまったり、中には男性器を傷つけてしまうこともあります。そして視覚重視派と刺激重視派の2つのタイプについてですが、男性器は興奮することで勃起し、勃起することで感じやすくなります。

その興奮のスイッチが何で入りやすいかは人によって偏りがでます。つまり、視覚重視派の人は「こんな可愛い子が手でしてくれている」というシチュエーションに興奮するので、そこまで刺激が自分の好みに合っていなくても満足します。逆に刺激重視派の人はシチュエーションやムードだけでは興奮せず、直接的な刺激やテクニックにより興奮するのです。

ここまで書いたように、まずは相手を知らなければどれだけ勉強しても喜ばせられないし、知識がないと痛みを与えてしまうこともあるということ。まさに孫子の言葉の通りなのです。

2.興奮状態を作る

興奮状態と書くと難しいかもしれませんが、簡単にいうと勃起状態にするということです。先ほども書いたように、シチュエーションで興奮する人もいれば、直接的な刺激で興奮する人もいます。さらにマニアックな人で言えば、言葉攻めで興奮する人や体臭で興奮する人など、世の中には色んなタイプの人がいます。ただ共通して言えるのは、興奮している性器と興奮していない性器とでは、感度が違う上に刺激を与える方法も大きく変わるということです。

以前に「徳井義実のチャックおろさせて~や」という番組で、手コキカラオケというものがありました。内容は女性に手コキをされながらカラオケを歌いきり、90点以上が出れば賞金100万円という企画です。この企画のルールとして、勃起した状態からのスタートというのがありました。つまり勃起していない状態の男性器に対していくらテクニックを披露しても無駄という事です。

ではここから興奮状態を作るために必要なことについてお伝えしていきます。まずは脳内をエロエロモードにしないことには興奮はしませんし、勃起もしてくれません。女性もまったくエッチな気分でもないのに男性から盛ってこられてもウザいだけですよね?

男性の中には年中エロいことしか頭にない人もいますが、まずは気分を高めるために脳内のスイッチをエロエロモードに切り替えるということです。そのためには、いかにもエロいシチュエーション・卑猥な言葉や効果音・やらしい匂い・肌の温もり・エッチな味・まさに男の五感をくすぐりながら興奮状態へと導くのです。

たとえ性感帯や男性の好みを知ったとしてもすべてを答えず、焦らしながら徐々に答えていくとさらに興奮を高めます。また人によっては他にも色々興奮を高めるやりかたがありますので、パートナーの反応や好みを探りながら一緒に興奮状態を作っていきましょう。

3.ほどよい刺激

性器はとっても敏感なようで実は鈍感な部分でもあります。摩擦が多ければいいとか、刺激が強ければいいというわけではありません。つまりその相手が好む「ほどよい刺激」が大切なのです。ではこの「ほどよい」を見つけるための注意点ですが、力加減・スピード・摩擦の3つです。

今回なぜ注意点という書き方をしたかというと、この3つは一歩間違えると痛みを与えてしまうからです。男性器を握るときの力加減は強くて締め付けが欲しい人もいれば、優しく握ってほしい人などバラバラです。またピストン運動をするときの手の動くスピードは速くしたり、遅くしたりいろんなバリエーションがあった方がいいという男性が圧倒的に多い傾向があります。

さらに摩擦に関しては敏感な人と鈍感な人の差が大きいので、確認しながら行うことをおススメします。最後に男性器への愛撫に必要不可欠なのがヌメリです。女性器が濡れてないのに無理やり入れられても痛いのと同じで、ヌメリがない状態での亀頭部分への摩擦は痛みを感じます。

ですからローションを使ってヌメリをつけたり、唾液をたっぷり垂らしヌルヌルにしてあげてください。そうすることで摩擦や刺激が快楽へと変わっていくのです。

手コキを極めれば一石二鳥

世の中に手コキを極めた人は何人いるのでしょうか?おそらくそこまで重要視していない人がほとんどでしょう。ただこの記事を読んでくださっている皆様は、少なからず手コキのテクニックを向上させたいと思っているはずです。

なぜなら手コキを極めれば長時間のフェラであごが疲れることもなくなりますし、今まで休憩の為に行っていた手コキが自分にとっても相手にとっても必殺技の一つに変わるからなんです。つまり手コキを極めると自分の負担が減るうえに相手の喜ばせ方も増えるので一石二鳥なんです。

ここ最近の風俗業界では手コキを専門とするソフトサービスのお店も続々と増えてきています。まさに手コキの時代が来たというわけです。今こそ手コ職人の必要性を全国に広めるべきなんです。しかし手コキ専門店を名乗りながらもオプションでヘルス店のようなサービスを行うところもあれば、実在しないのに募集しているダミーの求人店舗もある時代です。ですが私たち大阪女性高収入ナビでは、実在する手コキ専門店をご紹介することができるのです。

実在する安心な手コキ専門店はTECORO

なんだよ!?結局は風俗店への勧誘かよ!と思われた方もいるかもしれませんが、手コキを極めるには多くの経験が必要ですし、極めれば多くのお金を稼ぐ手段ができます。また、すでに風俗店に勤務されている方で不満をお持ちの方も、是非一度面接にお越しください。

ヘルスに勧誘することなく、希望に沿ったお仕事の話を親身になってお聞きいたします。またTECOROでは時間報酬制度も設けておりますので、せっかく出勤したのにお客様が来なくて稼ぎにならないなんてことはありえません。さらに出勤も希望に沿ってシフトを組むので、強要などもしておりません。

ご自身のご都合に合わせたライフワークが実現します。大阪女性高収入ナビのスタッフは女性ばかりなので、男性には聞きにくい女性ならではのお悩みにもお答えしております。お気軽にお問合せくださいませ。

お問い合わせはこちらから♡
TEL06-6365-0920
Mail:growup6@docomo.ne.jp
LINE:@dvv1356q

風俗おしごとコラムへ戻る

こちらのコラムもチェック!